~ようこそダンボール紙工へ~

 ダンボール については以下をご参考ください。

紙質について

 段ボールとは、表と裏の平らな紙の間に波状の紙をはさんで、接着剤で貼り合わせて作られた板紙のことを言います。(平らな紙が片側だけのものもあります。)

 波状の部分を中芯と呼び、中芯をサンドウィッチのパンの部分のように挟んでいる、裏表の平らな紙の部分をライナーと呼びます。

 ダンボール自体の強度は、中芯の強度、ライナーの強度などにより違ってきます。


ダンボ-ルの紙質は、まず、中芯の波型の単位長さあたりの数や高さ(フルート)によって区別され、Bフルート(B/F)、Aフルート(A/F)、Wフルート(W/F)・ABフルート(A/F)、Eフルート(E/F)の4種類に分けられます。

B/F 厚さ約3mm
A/F 厚さ約5mm
W/F AB/F(A/F+B/F) 厚さ約8mm
 E/F

厚さ約1.5mm

弊社では上記のフルートすべてを取り扱うことができます。そして、弊社で取り扱えるライナーは、 Cライナー.Kライナーの2種類となり、そのなかでも、C5.K5.K6.K7と呼ばれる原紙がライナーに使われたダンボールでの製品加工が可能です。

強度としては、

C5(C170と表されます)<K5(K180と表されます)<K6(K220と表されます)<K7(K270と表されます)

となります。

ダンボールの紙質は、フルート、ライナー、中芯、で表されますが、中芯もライナーと同様、強度があります。

中芯はSC125  SC160  PS200   PS220があり、

強度としては、SC125<  SC160<  PS200<   PS220

となります。                                                                                    

 数字が上がるほどダンボールの強度が強くなます。また ダンボ-ルケ-スの値段も高くなります  

ダンボールケ-スの紙質は、中に入る品物 品物の重量 形態 大きさ 又 箱の大きさ等、使う環境なども 考慮されます品物を十分保護し 輸送中の事故(商品の破損 箱の破れ)など起きないような 紙質を決めます。