~ようこそダンボール紙工へ~

 ダンボール については以下をご参考ください。

設備について

スリッター・・・ダンボールの裁断、折線を入れる工程で使用します 

印刷機2台・・・1m80cmx2m70cmと2mx3m65cmまでのダンボールの大きさまでは、弊社の印刷機で加工できます。

グルアー2台・・・糊貼機です。オートの機械が一台。セミオートの機械が1台あります。

抜き(プレス)加工機・・・1m85㎝X3m超えのダンボールの大きさでも加工出来ます。小さくする事も可能です。但し、抜き型が必要となります。

切りこみ加工(二分切)・・・小さな箱の切り込み等に使用しています。

これらの設備で、大きな箱から小さな箱まで、自社で製作、製造いたします。

印刷機2台(1.8x2.7と2x3.65M)

 グルアー(糊貼機)



 ダンボ-ル紙工は

九州最大級のサイズのケ-ス製造設備を有して日々精進しており、

抜き(ダイカッター)のユニット付機械設備(印刷機)としては、九州NO.1!!

これらの設備を駆使しお客様のご要望にお答え致します!

 

ダンボ-ルシ-ト(ケースの材料となる板状のダンボール) 

最大2000X3650まで通紙できます。

最少280X560まで通紙できます。

 

印刷に関して   

環境にやさしい植物性インキです。

   

抜き手穴加工 (1850X3.7M) 

抜き型さえ作ればどの場所でもどんな切り込み加工でもできます。 

ダンボール製品の製造、加工、全般自社で加工できる自負しております。

納期について

弊社では決まった寸法の既製品を置くのではなく、お客様からのご要望を伺ってから、紙質・寸法などを決めて作成する

オ-ダ-メイドの方式をとっております。

ご注文を受けてからの製造となりますので、納期につきましてはお尋ねください。

(ご希望納期がある場合、極力ご要望に沿えるよう努力いたします。)

製作個数について

 原則、最低ロットを設けて対応しております。

ケースの大きさや紙の材質(かなりの強度が必要・水をはじく等)で最低ロットは違ってきますが、

極力ロット対応に努めております。

気軽にお尋ねください。