top of page
  • 執筆者の写真ダンボール紙工

ダンボールの表と裏_有限会社ダンボール紙工_福岡

更新日:2023年5月9日

ダンボールには、実は表と裏があります。1つ目の画像は、ダンボールの表面です。

2つ目の画像は、ダンボールの裏面です。

よく見ると、裏面には、スジのような線が入っています。(スジ、見えますか?)


箱のになっていて、

印刷が入っていたり、

箱の外側になっている方が、

ダンボールの表面です。

きれいな表面を外側にして、ダンボールの箱や製品自体もきれいに見えるよう、考えて製造しています。

(当たり前ですが、製造で、表と裏を間違えるようなことがあれば、製造しなおします。)


日々、ダンボールを見ている方は気が付いているかもしれませんが、普段使われない方は、ダンボールの「表と裏」知らないかもしれません。





ダンボールは、どこでも見かけられますよね。

今度ダンボールを見かけたら、じっくり観察してみてください。

見慣れている物の観察も、なかなか面白いですよ。











閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page